“ 乳児健診の予約がとれず、かかりつけなのに乳児健診が受けられない!! ”の緩和策として
“かかりつけのお子さんはロタウイルスで絶対入院させない”ことを目標に
“院内感染予防”を目的に

 ロタウイルスは非常に感染力が強い上、感染すると脱水症状をおこし重症化しやすく、2~3日の外来点滴では改善しないことが多い非常にやっかいなウイルスで、やむを得ず紹介入院となることが非常に多いのです。かかりつけ医として子どもたちを入院させることは非常に残念なことですが、外来でできる治療の限界なのです。 
 以上の理由から、当院をかかりつけにしてくださるお子さんには、“絶対ロタウイルスで入院させない”ことを目標にロタウイルスワクチン接種を強くお薦めしているのです。一番は本人とご家族のためですが、それに加え、かかりつけのお子さんが感染しなければ、それだけ院内感染のリスクも低下することを期待してお薦めしているのです。
 以上のことから、
① “ かかりつけのお子さんはロタウイルスで絶対入院させない ” ことを目標に 
② “ 院内感染予防 ” を目的に 
③ ロタウイルスワクチンをきちんと受けている当院かかりつけのお子さんが乳児健診を受けられない状況を少しでも緩和する目的に
以上の3点を理由に、当院での乳児健診はロタウイルスワクチン接種者を優先させていただくことと致しました。何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。